MIKA2021開催の目的

近年、スマートフォン等の無線デバイスの高速化に加え、IoT(Internet of Things)を代表とする新たな無線デバイスの普及が始まっております。さらに多種多様なサービスやアプリケーションも誕生しており、このような多様化する無線トラヒックを安定的に収容するためには、無線アクセスからネットワークまでを総合的に捉えた無線システムの創出が必要とされております。
このような背景から、無線分野を取り巻く様々な分野における研究を横断的に議論する場としてMIKA2018、MIKA2019を開催してきました。MIKA2021では、通ソに属する複数の研究会に加え、他ソサイエティ(基礎・境界ソサイエティ、NOLTAソサイエティなど)さらには、他学会との連携をさらに強化できる場を横断型研究会として提供します.
本会議で議論するテーマとして、無線技術に加え、無線に付随する有線ネットワーク技術や数理分野なども含めた10年先の将来技術を設定し、異分野の研究者同士で無線を共通点とした活発な議論ができる場を目指します。
過去の MIKA で好評を博した、招待講演・チュートリアル講演・ポスター発表を中心とし、テーマを絞った特別セッションも企画しております。
本研究は、全てのセッションを現地およびオンラインのどちらからでも参加可能なハイブリッド型での開催を予定しております。ぜひ多くのみなさまにご参加いただけますと幸いです。

開催形態

  • 日程:2021年10月27日(水)〜10月29日(金)
  • 会場:沖縄県市町村自治会館
  • 開催方法:現地とオンライン参加によるハイブリッド開催
  • 実行委員長:菊間信良(通信ソサイエティ会長,名古屋工業大学)

基調講演

  • 西森健太郎 氏(新潟大学)
    「6Gに向けた無線通信の革新的技術について~MIMO, Massive MIMO,ドローン通信,さらにその先へ~」(仮題)

特別招待講演

  • 笹瀬 巌 氏(電子情報通信学会会長,慶應義塾大学)
    「ニューノーマルに向けた研究活動活性化への取り組み」(仮題)
  • 立元 慎也 氏(NTT情報ネットワーク総合研究所所長)
    「IOWNに向けたネットワークR&D」(仮題)
  • 中村 元 氏(KDDI総合研究所所長)
    「生活者発想を考慮した先端研究の取組みについて」(仮題)
  • 柳橋 達也 氏(ノキアソリューションズ&ネットワークス 最高技術責任者(CTO))
    「5Gによる位置情報の高精度化とロボティクス領域への挑戦」(仮題)

チュートリアル講演

  • 石橋 功至氏 (電気通信大学)「グラントフリー非直交多元接続(NOMA)の基礎」(仮題)
  • 津川 翔氏(筑波大学)「複雑ネットワーク分析の基礎と実践」 (仮題)

農業 ICT スペシャルセッション

招待講演およびパネルディスカッション

  • 農林水産分野:立田 晴記 氏(九大),諏訪 竜一 氏(琉球大),向井 裕美 氏(森林総研),金子 貴臣 氏(水産庁海洋開発担当,講演者変更の可能性あり)
  • 通信分野:酒井 大雅 氏(NTTアグリテクノロジー代表取締役社長),峰野 博史 氏(静岡大),山本 圭一 氏(NTTドコモ),平栗 健史 氏(日本工大) 

企画セッション

  • 特別企画セッション
  • ポスターセッション
  • 企業展示、セミナー
  • など

ハイブリッド交流会

  • MIKA2021では、現地とオンラインの参加者で相互に交流できるハイブリッド交流会の開催を検討しています。
  • 新型コロナウィルス感染症の流行状況等を考慮して、実施の可否や内容については後日確定しご案内いたします。
  • 交流会参加に係る費用についても、詳細が確定次第別途ご案内させていただきます。